株券譲渡

株券譲渡とは、企業がその業務を行ったり経営をしていく資金を集めるために発行する株券を、その所有者が他人である第三者に譲渡すること言いいます。

譲渡は幅広い意味合いの言葉になりますので、様々な譲渡の形態があり、基本的にはその対価として金銭をもらうことを売買と言い、金銭ではない物を対価として受け取る場合には交換となり、対価を受け取らない譲渡の場合には贈与や寄付となりますが、これらは大きく取ると、すべて譲渡の範囲内に入ります。

株券は企業が発行し、それを保持することはその企業の出資者である株主、つまり企業のオーナーになることを意味します。
こうしたことから、株券を取得するという事は非常に意味の深いことになり、この株券を一定以上の割合で掌握することにより、その企業を手中に収めることも可能になります。

株式会社の設立時にも資本金の確保が必要になり、その設立時にも資本金を集めるために株券を発行し発起人を募ることになりますが、経営の拡大などによって株券を新たにはこうするなどによって、その後は基本的にほかの株主と変わなくなります。

小さな企業などでは、新たに株券を発行することも少ない例があるため、最も株券を保有している筆頭株主が経営を取り仕切る代表取締役になることがほとんどであり、多くの株券譲渡は、この企業の経営を後継者に譲るときなどに行われることになります

こうしたことにより、企業の経営者と出資者が大きく変わることが多く、株券譲渡を行うためには慎重な判断と手続きが必要になります。

このように株券には、企業の動向を左右する力があるために、この譲渡が安易に行われてしまうとその経営が安定しないという理由もあり、株券の譲渡を制限する項目が付与されている場合があります。

株券譲渡の制限では、企業の承認が得られなければ株券を譲渡できないという制限がつけられ、むやみに第三者に株券が渡ることにより、企業の乗っ取りや買収を未然に防ぐ目的があります。

株券譲渡によって、企業を譲り受ける場合には、特にこうした制限などやその企業が特別な許可が必要な業務を執り行っていない限りは、いまの株主と次の株主との間で同意があれば、比較的に円滑に譲渡を行うことができ、また企業としても株主が変わるだけで、それ以外に大きな変化が起こらないことが特徴になります。

また、交換の際に対価として金銭や、ほかの会社の株などを受け取ることも可能であるために、企業家などが新たな企業を目指すために、この株式譲渡が利用されることもありますが、譲渡であるためにその企業の債務や契約なども譲り受けることになりますので、譲渡を受ける際には、充分な確認が必要になります。