株券の電子化

株券は、企業がその経営や事業を進めていくために必要な資金を集め詰めるために発行するもので、この株券を私たちが購入することにより、資金が企業にわたって事業が運営され、その企業が業績を伸ばすことでその収益の一部をわたしたち株主に還元するという仕組みのものになっています。

こうしたことから、この株券はいわば企業のオーナーである証であり、株券が失われてしまえば、その企業のオーナーではなくなるという事になりますので、企業の上げた業績によって資産価値が上がることもなくなりますし、また、配当金や株主優待を受ける事ができなくなる、企業の経営陣に対する発言権も失う、といったことが起こり、これを失うことは、まさにわたしたちが持っている資産が失われることに他なりません。

このようなことから、株券はその価値が非常に高く、盗難の被害にも遭いやすく、また紛失などの危険性を大きくはらむ事から、2009年より、従来の紙媒体の株券が廃止され、これが全面に電子化されることになったのです。

株券の電子化により、株券を保持する株主にとっても、株券を発行する発行体である企業にとっても、株券を取り扱って売買を行う証券会社にとっても、大きなメリットが生まれました。

まず株主にとっては、従来の神の株券のように、自分たちで手元に保管することがなくなった為に、紛失してしまったり、盗難などのあったり、株券を偽造されてしまうという危険性がなくなりました。

また、株券の売買をする際にも、実際の紙の株券の取り扱いがなくなるために、交付を受けたり受領したり、また株主名簿の書き換え申請を行ったりという面倒な手続きがなくなりました。

これ以外では、株券を発行する企業の商号が変わったり、売買の単価が変更された際などに、紙の株券ではこの交換をするために発行会社に提出をする必要がありましたが、こう言ったことを行わなくて済むようになりました。

一方、株券を発行する会社側にとっては、株主名簿の書き換えの際に、その株券が偽造されたものでないかどうかの確認をする作業がなくなり、また、株券の発行に伴う印刷代や印紙税を減らせ、企業の合併や株式交換などによる企業の再編などがあった際に、株券を回収し、再交付するなどの手間とコストを削減する事ができるようになりました。

もちろん、証券会社にとっても株券の電子化が行われたことにより、それまで大きなコストとなっていた紙の株券の保管や運搬がなくなり、また盗難や紛失などの保管のリスクも回避することができるようになったのです。