貸借取引

株券貸借取引とは、多くの場合は株券などの有価証券を取り扱っている証券会社と、その証券会社に資金を融資する証券金融会社の間で行われる貸借取引の事を指します。
この株券貸借取引は、主には証券会社などがその運用や経営のため商品や投資資産組み換えを行ったり、さらなる資産運用などの目的において行われる際に用いられる取引となっています。

こうしたことから、証券会社を相手に取引を行っているわたしたち投資家にとっては、そのいわゆる舞台裏での取引となっていますので、間接的に関連のあるものと考えていいでしょう。

証券金融会社というのは、証券会社に株券や資金を貸し付ける会社になり、貸し付けを受けた証券会社は、その貸付期間が終了したのちにこれを返却または返金し、それに対する担保金などを支払うことになります。
この証券金融会社は、現在は国内に日本証券金融、中部証券金融、大阪証券金融という3社が存在しています。

証券会社とこの証券金融会社の間で行われる株券貸借取引は、ストックレンディングとも呼ばれています。
具体的には、借り手側である証券会社が、貸し手側である金融証券会社から、事業を行うために必要な株券や資金を借り入れ、あらかじめ定めておいた期間が経過したのちに、借り入れを行った株券と、同種、同量の株券を返還する、もしくは同等の資金を返却することを行い、またその期間の貸借料を支払う取引になっています。

借り入れを行う証券会社は、この借入をする際には多くの場合、担保金を貸し手側の証券金融会社に渡すことになっており、この担保金は有価証券でも代用することができる事になっています。

この事により、証券会社はその経営の状況において、有価証券である株券を証券金融会社の担保として資金の借り入れを行ったり、また、資金を担保にすることによって必要な株券の借り入れを行ったりすることができるようになります。

また、この株券貸借取引では、いわゆる普通の株券だけではなく、これから企業が発行する株券に対して優先的に購入することができる有価証券、新株予約権証券や新株予約権付社債券といったものを対象にすることも可能であり、この貸借取引を行った場合には、返却するものは株券とおなじように、借り入れを行った新株予約権証券や新株予約権付社債券と、同種、同量のものを返還することになっています。

こうした債券貸借取引では、証券会社と証券金融会社との間で契約書を締結することによって行われ、その貸借期間や貸借料や担保金、または担保になる有価証券などの設定は両者の間で決められることになります。
このようなことから、場合によっては借り手側である証券会社が、借り受けた株券の時価額以上の担保金などを支払って、これを返還せずに売却をするという株券貸借取引が行われるケースもあります。