株券預り証

株券預り証とは、企業が発行する株券を証券会社などに預けた際に、その預りの証明として発行されるものになります。

株券などの有価証券を購入した際など、その本券を証券会社にあずかってもらうことにより、盗難や紛失のリスクを避ける事ができます。そうした際に、株券を預けたという証明になるものが株券預り証になります。

株券を預けるためには、その預け日と預りものの株券の会社名、株の数、預け入れをする側の氏名などの必要事項を記入し印紙などを添付して行われ、この事により株券は安全に証券会社に保管されることになります。

また、こうした預り証は株券の受け取り証明として利用されることもあり、実際に株券を売買する際に、預かり証を受け取ることがあります。
現在は、株券の電子化によってこうした手続きは行われていませんが、以前は紙の株券があったっため、こうした預かり証はその売買を行う際に、証券会社から顧客に対して、発行されていました。

株の売買を行うためには証券会社を通して行いますが、この際に証券会社に対して、どの銘柄の株の取引を行うのか、どのぐらいの量を取引するのか、何円になったら取引するのか、いつまでに取引するのか、買い注文か売り注文のどちらで取引するのか、を決めて注文を行います。

これを受けた証券会社は、その顧客に対しての売買注文伝票を作成し、その伝票に対して顧客が代金を支払いを行い、その証明として預かり証を受け取ることになります。

こうして出された売買注文伝票が株の取引上に送られ、この伝票の取引条件に合った取引相手が現れれば、売買取引が成立という事になります。

このように株券の売買取引が成立し成功した場合には、顧客は預かり証をもって証券会社に行き、預かり証と引き換えに、株券と株の受け渡し清算書を受け取り、その際に先に支払った金額との差額がある場合にはこれを清算することによって、株券の売買取引が行われる、という流れを取っていました。

株券を売るためにも買うためにも、どちらに対しても証券会社から預かり証を発行してもらう形で、同じプロセスを踏むことになります。

株券を買うのであれば、先の例と同じように、株の代金を先に入金して預かり証を受け取り、預り証と引き換えで株を受け取ることになり、売る場合には、株を先に渡して預り証を受け取り、取引が成立すれば、顧客は株券預り証と引き換えに、売買取引で得た代金を受け取ることになります。

現在では、株券は電子化がされているために、こうした手続きを必要とせず、パソコンやスマートフォンなどからも手軽に売買が行えるようになっているため、株券預り証が利用される機会は非常に少なくなっています。