株券

企業が経営を行い事業を運営していくためには、資金が必要になりますが、その資金を集めるために発行されるものが株券になります。

わたしたち投資家は、最近注目を集めるhttp://www.fxgaido.jp/fx/gaitameonlineや証券会社などを通してこの株券を買うことにより、その企業の出資者となることができる、つまり、その企業の一部を所有することができるようになるのです。

株券を買うことで株主となった人たちは、企業のオーナーとなりますので、企業が事業を運営しその業績を伸ばせば、企業の価値が上がっていくことになるため、そのまま自分たちの持っている株券の価値が上がり、投資した資産が増えていくことになります。

株券を保有することにより、年に2回ほどの配当金を受け取ることができ、また、企業の提供するサービスなどを利用できたりする株主優待を受ける事も可能であり、資産を運用していくためには、大変に効果のある有価証券と言えるでしょう。

このページで参考にしたサイト:http://www.fxgaido.com/tesuto/highlow-net-review.html

また、企業の資本家になっているために、保有している株券の量によってもその力の大きさは変わってきますが、経営陣などに対して大きな発言権を持つ事が可能になります。

これ以外にも、株券は株式市場で売買取引が行われ、その価格が企業の業績や、業界の動向、経済や為替の変化などによって刻々と変動していくという特徴があります。

こうしたことを利用し、株券を安く購入しておき、株式相場のレート変動を待って、高くなった時に売ることによって、その差額を利益として受け取ることができるため、短期間で高い資産運効用化を得ることもできるようになっているのです。

このように、持っている資産を有効的に運用することができる株券での投資ですが、投資であるために様々なデメリットも存在します。

株券は、企業がその運営や経営の資金を集めるために発行していますので、その企業の信用力がどのぐらいなのかを見ることが重要になっていきます。
株を買うという事は、その企業の資本に参加する、つまりその企業を買うことになりますので、その企業が万が一、経営破たんなどを起こし倒産をしてしまえば、投資したお金は戻って来ないために、大きな損失を抱えてしまうことになります。

企業が資金を集める別の方法に、債券というものを発行する場合がありますが、こちらは投資家からの資金の融資を募るために行われ、債券の場合にはいわゆる貸し付け証明のようなものになるために、こうした経営破たんの場合でもその元本を請求することができますが、株券の場合は会社の資本家になるために、こうしたことが行えないのです。

また、株券を株式市場で売買する場合も、予期せぬ市場の下落などにより、買った額よりも株価が下がってしまうこともあるために、損失を被ることもありますので、覚えておきましょう。